大学改革を知るの記事一覧

2019年01月07日

ガバナンス・経営

教育行政

一法人複数大検討会議-法人の長を「理事長」とし従来の「学長」と区別

●制度の見直し範囲を巡り文科省と委員の間で攻防
●「法人の長は学長を兼務しない」を基本パターンとすべきとの意見も
●一法人一大学でも法人の長と学長の役割分担が可能に

記事を読む

2018年12月18日

ガバナンス・経営

学生支援

教育行政

高等教育無償化の最新情報<下> 「実務経験のある教員」の要件とは

●詳細な定義はなく、各大学の責任の下で趣旨をふまえた判断と説明を
●常勤/非常勤、必修/選択などは問われない
●学問分野の特性上、対応不可能な場合も合理的・具体的な説明が必要

記事を読む

2018年12月14日

ガバナンス・経営

教育行政

一法人複数大学検討会議が中間まとめ案-学長は法人の長が任命

●透明性確保の下、学長の解任権も法人の長に
●指定国立大学としての予算を他大学に配分することの是非を検討
●一法人一大学における法人の長と学長の分離には慎重論も

記事を読む

2018年12月10日

ガバナンス・経営

学生支援

教育行政

高等教育無償化の最新情報<上> スケジュールと情報公表等の各要件

●法案成立後、速やかに大学等からの申請受け付けが始まる見通し
●「実務経験のある教員」の担当科目等は2019年度のシラバスへの記載が必須
●定員充足状況や就職状況等、教育情報の開示も要件に

記事を読む

2018年12月03日

ガバナンス・経営

教育行政

一法人複数大学検討会議-法人の長は国が任命、学長の任命権者が論点に

●大学合併は「地元の市民感情的に困難」「ブランド力が損なわれる」等の見解
●一法人二大学を出発点に、将来的な連携・統合拡大の構想も
●「国が法人の長と学長、両方を任命するのは適切でない」との指摘

記事を読む

2018年11月27日

IR

調査・アセスメント

教学改革

理工系学生にも不可欠な思考力をアセスメントツールで評価ー工学院大学

●授業で育成する思考力と表現力を評価するため、GPAに替わる指標を模索
●受検結果に基づき入学予定者を4分類、タイプ別に指導方針を検討
●入学前後に自分の強みを把握させ、伸ばす方法を考えさせる

記事を読む

2018年11月21日

ガバナンス・経営

教育行政

今年度から定員割れによる私学助成減額率を最大7ポイント引き上げ

●文科省は「改革に努める大学への支援強化とのセットでめりはりづけ」と説明
●充足率1%ごとに減額率を設定
●特別補助でも定員割れの度合い等による減額率導入を検討

記事を読む

2018年11月12日

教学改革

教育行政

大学設置基準を抜本改正し、"学修者本位"への発想転換を促す

●経営的観点に基づく学生定員設定からの脱却に向け、年明けから議論
●定員管理による質保証という現状に問題意識
●既存の大学・学部等も認証評価第4サイクルから新基準に沿ってチェック

記事を読む

2018年11月05日

IR

調査・アセスメント

教学改革

アセスメントを起点に学修成果の可視化、入試改革を推進-成城大学

●教員の納得感が薄かった社会人基礎力重視のアセスメント
●思考力や学習意欲を可視化するツールを求めていた
●入試方式別の学生の傾向を分析し、入試改革の議論に活用

記事を読む

2018年10月29日

IR

調査・アセスメント

教学改革

もう逃げられない!学生調査 ①「実施は困難」の壁を突き破る

●目的を明確にした適切な設計で「使える調査結果」を
●「回答するメリット」の学生との共有が回収率アップのカギ
●「すべて学内で実施」にこだわらない柔軟な対応を

記事を読む

< 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11