「データネット2016」 集計結果分析

2016年度 大学入試センター試験自己採点集計「データネット2016」より

*2017年度入試(最新)のデータネットの記事はこちら
http://between.shinken-ad.co.jp/hs/2017/01/datanet-01.html
http://between.shinken-ad.co.jp/hs/2017/01/datanet-02.html


 ベネッセコーポレーションと駿台予備学校が提供する大学入試センター試験自己採点集計「データネット2016」では、1月20日より自己採点集計結果の概況、得点状況、大学ごとの志望動向、志望者度数分布などを掲載しています。
 
 【データネット2016はこちら】 http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/

2016年度センター試験の全体概況  ━現役生中心の入試が続く━

 2016年度センター試験の志願者数は563,768人となり、前年から4,636人増加しました。現卒別には、現役生が6,943人増加し、既卒生は2,274人減少しています。現役生の志願率は43.4%と過去最高となっています。また、志願者数に占める現役生比率は82.0%となり、現役生中心の入試が続いています。

データネット2016 集計状況  ━集計率は78.7%━

 今年度のデータネット集計数は443,487人(参加校数:4,799校)で、集計率(=データネット集計数をセンター試験志願者数で除した数)は78.7%となりました。都道府県別に集計率をみても、偏りなく集計ができています。従って、センター試験の全受験者の母集団に近い状態でデータ集計ができています。
 また、文理別の集計数の変化を見ると、今年度は「5教科8科目 文系」が98,140人(前年差:+3,068人)、「5教科7科目 理系」が164,441人(前年差:-5,750人)となり、ここ数年継続していた「理系人気」に落ち着きが見られます。DATA NET 2.png

センター試験 予想平均点  ━受験生にとっては難しい試験に━

 データネットの集計結果をもとに、データネット実行委員会が予想した今年度の平均点は、「5教科8科目 文系」が547点(前年差:+7点)、「5教科7科目 理系」が564点(前年差:-6点)となっています。予想平均点を科目別にみると平均点アップの科目は国語数学II・B生物など、ダウンの科目は数学I・A、化学などです。
 予想平均点の推移をみると、過去のセンター試験と比べても平均点が低く、「受験生にとって難しい試験」であったことがわかります。そのため、今年度のセンター試験では「思っていたよりも得点が取れなかった」という感触を持った受験生が多いことが考えられます。

DATA NET 3.png

国公立大学 志望動向  ━理高文低、資格志向に落ち着きがみられる━

 国公立大学全体の志望者指数は101で、国公立大志向は継続しています。学部系統別では、模試動向と同様に文系学部の多くで志望者数が増加しています。特に法学、経済・経営・商学、国際関係学系統で志望者増加がめだっています。一方、理系では医学、歯学、薬学系統で志望者の減少がみられます。

 難易度別にみると、文系では法学、経済・経営・商学系統で、第3回ベネッセ・駿台マーク模試B判定値75以上の大学の志望者指数が増加し、強気の志望がみられます。またセンター試験の平均点アップの影響で、第3回ベネッセ・駿台マーク模試B判定値55未満の志望者指数が増加しています。
 一方、理系では工学系統で第3回ベネッセ・駿台マーク模試B判定値65以上の大学の志望者指数が減少しており、50以上60未満の大学の志望者指数が増加しているため、やや弱気の志望がみられます。DATA NET 4.png

私立大学 志望動向  ━理系では全学部系統で志望者数が減少━

 私立大学全体の志望者指数は98で、私立大志望者は昨年より減少しています。学部系統別にみると、文系では、法学系統で志望者数の増加がめだっていますが、それ以外の学部系統では概ね前年並の志望者数か、対前年指数の100を下回っています。理系では、すべての学部系統で志望者数が減少するなど、センター方式を敬遠する受験生の動きが全体的にみられます。私立大学では、募集人員も増加もしているため、入試競争はやや緩和すると予想されます。

 学科系統別では、学科名に「幼児」「児童」「保育」「こども」が入る系統全体の志望者対前年指数は90で、志望者が減少しています。エリア別にみると、関東、首都圏、近畿で志望者指数が90を下回る一方、北海道、東北、九州エリアでは志望者指数が100を上回り、エリア間で差がみられます。また、薬学系統の状況をエリア別にみると、他エリアに比して首都圏エリアの志望者数が大きく減少しています。

 私立の女子大学全体の志望者指数は95となっています。女子大学は、模試動向でも志望が低調な大学が多くみられましたが、入試本番においてもこの傾向が続く可能性があります。

DATA NET 5.png

 【全体概況はこちら】
  http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/doukou/index.html

 【平均点情報はこちら】
  http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/sokuhou/yosou/index.html

 【各大学の志望動向はこちら】
  http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/doukou/siboudoukou/index.html

 【各大学の志望者度数分布こちら】
  http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/doukou/50on/index.html

 出典:2016年度 大学入試センター試験自己採点集計「データネット2016」